メルカリとBUYMAの販売戦略の違い


メルカリもBUYMAと同じく有名なサイトです。


メルカリはアメリカでも認知度が高く、


テレビでも頻繁にCMが流れています。



日本でも同じですが、


フリマサイトなので気軽に買える


これが人気の秘訣です。



これに対してBUYMAは


ネットショップと同じ感覚です。



ブランド物の中でも、


新品限定で高額商品でもよく売れます。



ブランドによっては高額なのは当たり前です。


客層が違うので販売戦略は全然違います。



客層についてはメルカリは


フリマアプリと言う位置付けの為、


販売店より商品です。



利用者も非常に多い為、


商品がよくて値段があえば即売れます。



同じ商品を出品してる人も少なく


販売されている商品はジャンルは多岐に渡る為、


ブランド品を買い求めてる人だけが集まるわけではありません。



これに対しBUYMAは


セレクトショップと言う位置付けです。



「BUYMA」というファッションビルの中に


数々のライバル店があります。



ライバルも多いのですが


BUYMAに来る顧客層は


ブランド品を買う気の人や


「いいのがないかな」と


ウインドウショッピングがてらに


ネットサーフィンしてる人です。



こういった顧客は


「ブランド品を求めるならここ」と


目的意識を持ってBUYMAに来ています。



この違いを考えて戦略を練る必要があります。



簡単に考えるならば安ければ売れるメルカリと


質の高い商品が高くても売れるBUYMAです。



どちらを選ぶかは


あなた自身がこの先どういった展開をするつもりかによって分かれます。

0回の閲覧
W4.png
LINKS
ABOUT

worldoutlet@yours.company

Tel: 050-3171-8328

Copyright © 2015 worldoutlet-online. All Rights Reserved.