消費者がブランド品を何故正規店で買うか




【フリマサイトで商品が売れない?】

ブランド品販売を始めて間もない方から「出品したけど売れません」「他に安い販売者がいるので売れない」などのご相談をいただくことがございます。


確かに、商品によってはBUYMAなどの無在庫サイトなどで薄利多売を目的に販売されている商品もありますが、弊社が買い付けする商品は原則として買い付け前に各サイトの出品情報をチェックしております。


これは、単に「出品者がいない」「安値がいない」などの情報だけでなく、「出品者がいる場合にはアカウントの状態」「同じ新品商品でも付属品の有無」など付加情報の確認も行なっております。


これにより、ワールドアウトレットが提供する情報であれば優位に販売が行えるということを想定し、買い付けを行なっております。


しかし、このような商品は一般的なamazon販売のせどりのように「ただページを作って売ればいい」というような単純作業では当然高値で売ることは出来ません。


「どうしたら消費者は自分のページにアクセスするか」「少しでも高値で売れるためにはどうしたらいいか」などの工夫を出品者がする必要があります。


【消費者がブランド品を何故正規店で買うか】


では、何故同じ商品を売っても「高値でも売れる人」と「安値でも売れない人」がいるのでしょうか。


ネットやドンキホーテなどのディスカウントショップで安くブランド品が買える時代になっていても、銀座や六本木、表参道などの商品を定価で販売する正規店舗に顧客が足を運ぶのは何故でしょうか。


それは一言で言えば「消費者から信用を得る為の努力の差」でしかありません。


ハイブランド品は多くの人にとって非常に高価な商品です。

パーカー1枚に10万円、バッグに数十万円などの金額が当たり前にあります。


この価格帯となると「失敗してもいいからとりあえず買ってみるか」と思える人はなかなかいないと思います。

その為、消費者は「何を売っているか」以上に「誰が売っているか」を重要視します。


「信用していい販売者なのか」

「過去にトラブルは無いか」など確認した上で、初めて購入を検討します。


これは販売する商品が高額になるほど傾向が強くなりますが、逆を言えばこのハードルを他の出品者よりも確実にクリア出来れば多少値段が高くても消費者は「あなた」から商品を買うことを選びます。


このブランドに対する信用の頂点にいるのが「正規取扱店」です。

消費者が「フリマサイト」からではなく「あなた」から買う仕組みを作ることで、安定化かつ長期的にビジネスを続けることが可能となります。


売れ行きに悩んでる方、信頼されるページ作りに興味がある方は下記のQRコードから「LINE@」にご登録いただけますのでお気軽にメッセージをください!

または、「@0whx8851t」で友達検索をお願い致します。


11回の閲覧
W4.png
LINKS
ABOUT

worldoutlet@yours.company

Tel: 050-3171-8328

Copyright © 2015 worldoutlet-online. All Rights Reserved.