安く買わないと利益は出ない?

ブランド商品の買付をする際、「割引率が高くないと利益が出ない」と考えたことはないでしょうか?

もちろん、割引額が高ければその分国内で利益が取れる可能性は上がります。


ですが、実は「定価」で購入しても利益が出せる商品は多数あります。

例えば、画像のFENDIのパーカーです。





画像の商品は、国内定価がおよそ14万円前後ですが国内では完売となっており、BUYMAでの流通額は18-19万円程度のプレミア価格となっています。

ですが、アメリカのFENDIでは1,300ドル弱で一部店舗では在庫があり、アメリカ国内であれば通販でも購入可能です。(2019年2月13日現在)

このような商品はもちろん現地に事業所を設ける弊社であれば、アメリカ国内での受け取りと日本への発送が可能です!


この他にも、オフホワイトの創立者である「ヴァージル・アブロー」が今期のデザイナーを努めたことが話題となったLouis Vuittonで全国のポップアップストアで軒並み完売となっている商品もアメリカであれば店舗または通販で入手可能な場合がございます。


こういった商品は元々の流通量が少ない為、国内の相場が安定しており、ライバルも少ないので無駄な価格競争に心配も少ないので、ある程度販売に慣れてきた方は是非ご相談ください!

ですが、商品の選定には多少の知識とトレンド情報のリサーチも必要ですので中級者から上級者向けのテクニックということはお忘れなく!


ちなみに、こういった商品を探す際は「限定品」「派手すぎない」「ブランドアイコンが明確に含まれている」というのがポイントです。

やっぱりせっかく買うなら「人と違うのが着たい!」「周りからもこのブランドって気づいて欲しい!」と思うのも頷けますよね


「この商品はどうだろう?」と気になる商品がございましたらお気軽にお問い合わせくださいね!

※確実な正規品と保証が出来ない公式HP以外の買付は承っておりませんので予めご了承ください。

56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

取扱商材は何がおすすめ?>USブランドor欧州ブランド

本日のテーマは「取扱ブランドについて」です。 弊社をご利用開始直後・検討中のお客様から「どういったブランドを取り扱うべきか」という質問を頂戴します。 確かに、ご自身でブランド品を購入する機会が少ない場合などは何が人気なのかも分からないというのが正直な所かもしれませんね^^; どのブランドを扱うのか、取扱商材は小物中心か、バッグなどを積極的に取り入れていくべきかなど考慮する点はありますが、販売商品は